その季節にあった旬の素材選ぶも、酵素ドリンクを上手に作るコツですよ!

酵素ドリンクを自宅で手作りしているけど、なかなか上手に作ることができないという人は多いみたいですね。

酵素ドリンクを作るにはコツがあります。

まず、そもそも論として、材料として使う食材選びが重要です。

材料として使う食材は、その時期の旬のものを選ぶようにしましょう。

そして、無農薬のものを選ぶことも大切ですね。

というのも、酵素ドリンクを作る時には皮もそのまま使うので、農薬が付いていれば体に良くないですからね。

「どんな素材でも問題ないだろう」と思っている方もいると思いますが、中には素材として向かないものもあります。

例えば、にんにくやネギなどのニオイが強いものは飲みにくくなってしまいますから、避けた方が良いでしょう。

どういった素材を選ぶと良いかというと、春から夏場の時期であればトマトやスイカ、シソなどがおすすめ。

秋から冬場には、にんじんやリンゴ、大根、ミカンなどがおすすめとなります。

発酵する際には、20日くらいかけてじっくりと時間をかけるようにしましょう。

毎日かき混ぜて、状態を確認しながら作っていくことがコツです。

でき上がったドリンクは、冷蔵庫で保存をすることで1カ月から2カ月は飲むことができます。

「もっと長い期間、保存できないの?」と思うなら、ワインの瓶の様に遮光できる瓶で保存すると良いですよ。

このように、酵素ドリンクを作る際にはたくさんのコツがあります。

このコツを掴んで、自分のオリジナル酵素ドリンクにチャレンジしてみてくださいね。


酵素だけでなくヒアルロン酸やプラセンタも摂取できるのはコレだけ »