家でも酵素ドリンクを作ることができますよ!でも、買った方が安い場合もあります。

「酵素ドリンクを試してみたいけれど、値段が高いから継続して購入し続けるのは難しい」という方もいると思います。

そんな方は、自分で酵素ドリンクを作ってみませんか。

では、酵素ドリンクの作り方を紹介します。

まず、原材料となる野菜や果物や野草などを選んでいく必要があります。できるだけ旬のものを選ぶようにしましょう。また、無農薬のものを選んでいきましょう。

そして、ドリンクを作るための容器を準備します。材料は、全て綺麗に洗って下さい。

この時、野菜や果物や野草の皮などはついたままで良いですよ。

野菜や果物や野草を洗ったら、それらの食材を3センチから5センチ程度の大きさにカットします。

カットした食材は容器に入れておきます。そして、そこに食材と砂糖が1対1.1になる様に砂糖を入れていきます。

この時、使用する砂糖は白砂糖を選ぶようにします。

ダイエットに使いたいからカロリーが気になるという方もいると思いますが、入れた砂糖は発酵の際に分解されますから、心配は入りませんよ。

食材をすべて容器に入れたら、蓋をしっかりして保管をし、発酵をさせます。

保管の際には、日が当たらない場所に保管します。

決して、冷蔵庫などには入れないようにしましょう。

毎日、2回程度はかき混ぜます。

発酵していくと、泡が出てきますが、その泡が全体に出てきたらでき上がりです。

その後は、キッチンペーパーなどを使って濾(こ)して、瓶などに詰めます。でき上がったドリンクは冷蔵庫で保管して下さいね。

ただ、市販されている酵素ドリンクと同じくらいの成分が入った酵素ドリンクを作るとなると、かなりの食材を購入する必要があります。

そうなると、市販のものよりも高くつく可能性があります。

最近では酵素ドリンクも価格競争が始まってだいぶ安くなったので、市販の低価格な酵素ドリンクを購入した方が安くなる場合もあります。


酵素だけでなくヒアルロン酸やプラセンタも摂取できるのはコレだけ »