ニオイが酸っぱかったら危険信号かもしれません。

「自宅で酵素ドリンク作りに挑戦してみたいけど、自分で上手に作れるかしら?」と思っている人も多いでしょう。

酵素ドリンクは発酵させることが必要となりますから、「そんな簡単に作れないのでは?」と思うかもしれません。

では、酵素ドリンクを作る時の注意点を紹介します。

酵素ドリンクを作っていくと、「これは、失敗しているのかな?」と迷ってしまうことがあると思いますが、実は酵素ドリンクは失敗しているのか判断しにくいものなのです。

そのため、作った酵素ドリンクを飲むことで、お腹を壊してしまうこともあります。

どういった状態が失敗の状態かというと、まず発酵で失敗している場合には酸っぱい匂いがします。

また、腐敗が進んでしまうと、ツンとするアンモニアの様な匂いもしてきます。

こういった匂いなどを感じた場合には、「これは、失敗したなぁ」と判断し、飲まないようにした方が安全かもしれません。

こういった失敗をしないためには、毎日2回酵素ドリンクをかき混ぜながら、発酵の状態を確認することが大切です。

毎日チェックしていれば、ドリンクの変化にも気づきやすいですからね。

まずは、気長にチャレンジしてみることがおすすめです。

自分で何度も作っていくことで、どういった材料を入れると好みの味になるかも分かってきますから、酵素ドリンク作りも楽しくなってくるはずです。

自分で酵素ドリンクが作れるようになれば、愛着も湧いてくるので、酵素ドリンクダイエットをもっと楽しめるかもしれませんね。


酵素だけでなくヒアルロン酸やプラセンタも摂取できるのはコレだけ »